About Us

事業概要について


greeting

看護師時代患者さんは退院後どのような環境でどのような生活を送られるんだろうと考えていました。在宅看護がまだなかった時代です。医療従事者にとっては当たり前の場所であった病院と言う特異な環境は患者さんにとって人生でそう体験することのないイレギュラーな場所です。当時退院指導と言う名のもと患者さんの退院後の生活指導を行っていました。患者さんの立場で、戻っていかれる環境を想像し退院後の生活が思い描けていたら、もっとその方に寄り添った退院指導が出来ていたかもしれません。

 

看護師として働いたのち10年ほど家庭生活を送りました。この10年間は困難な毎日の連続でした。実父が癌で早世したこと、子どもを授かり母親業に行き詰まりながら先の見えない今を嘆いていました。そんな自分を情けなく感じながら、ただひたすら一所懸命過ごした時間がひと段落した頃介護保険制度が始まりました。そして看護師時代の疑問がそのまま私の使命となりました。

 

生まれ育った町で在宅介護の現場でご支援する仕事にめぐり逢いました。いろんな方の人生の最期の場面に携わらせていただき、自分も再び笑顔で家族と暮らす人生を歩みはじめた時、誰もが笑って暮らせる豊かな暮らしとはどういうものなのかと考え「健やかに生きる」と言う価値にたどり着きました。そして病気発症予防的な健康づくりを支援し実践するために保健師になることを決意しました。

 

市役所等で通算14年間、主に人口11万人の町の行政保健師として活動し、うち4年間を市役所職員の健康管理業務に従事いたしました。

 

保健師の仕事は地域で暮らす全ての方が自分らしく暮らせるようサポートすること。中でも私は「働く世代の健康管理」の必要性を実感しています。要介護となる前の予防活動(介護予防)は働く世代への働きかけこそが重要だと思いました。4年間の産業保健活動の中で働き盛りの早世を目の当たりにしました。人生100年時代が到来しています。その人らしく生きることはその人らしく働くことだと実感しています。病気になってから健康のありがたみに気づくこともあると思います。しかしその時点で後悔される方が多いのも事実です。発症してからから後悔することはご本人も、また家族にとっても痛みを大きく伴い悲しみに覆われます。

 

また働く世代のメンタルヘルスは産業保健においての大きな課題です。働くことが原因で心が病んでしまい悲しみの毎日を過ごすことはどんなにやりきれないことでしょう。別の側面から見ると、メンタル不調者のいる職場の生産性の低下は明らかです。誰もが働きやすい職場環境の実現こそが産業保健活動の大きな課題であり、元気に働ける会社の未来は明るいと考えています。

 

行政機関で地域保健と産業保健を経験させていただいた私が出来ることは働く世代に対しての予防活動です。特に現在まだ産業保健の手が行き届いていない中小企業に対し、会社ならびに従業員が元気であること、そして元気よく働けることを健康面からサポートすることが最重要の課題であると思いました。働く人が元気いっぱい自分なりに楽しんで生活をする、その結果この町の元気を今よりもっと高くすることを使命に、私は開業保健師として2020年4月に独立いたしました。

 

お仕事をしていて疲れたら働くオトナの保健室をのぞいてみてください。泣きそうな時にも思い出してください。ここは元気を回復できる場所です。

 

2021年9月 代表 木村ゆかり


木村ゆかり プロフィール

名古屋市内の病院で看護師として勤務後、出産育児のため退職

土岐市内の居宅介護支援事業所で介護支援専門員(ケアマネージャー)として3年間勤務後、地域看護学専攻科で履修

多治見市役所などで14年間保健行政に従事、うち4年間を市役所職員の健康管理業務に従事

2020年4月にジーアップクリエイトラボを屋号とし開業、現在プロジェクト働くオトナの保健室を運営している

 

資格など

看護師、保健師、第一種衛生管理者

介護支援専門員

産業カウンセラー、心理相談員、NLPプラクティショナー

健康経営アドバイザー、睡眠健康指導士上級、両立支援コーディネーター

MISSION

1 地域で働く人の健康を守る
2 経営者と従業員の健康度が上がるよう支援する
3 働く人が元気になることで町の元気づくりに貢献する

 

ジーアップクリエイトラボではこれまでの臨床そして地域保健活動の経験から働く世代の健康づくりの働きかけの必要性を実感しています。ご縁あって今暮らしているこの町で、いつまでも元気に働き続けられることを健康づくりを通して実現していきたいと考えています。あなたは何のために働いていますか。なぜ働くのか?どう働くのか?あなたらしく生きるための理想の働き方を共に考えてまいりましょう。

 

仕事に就くカタチにはさまざまな形態があります。会社と雇用契約を結び従業員として雇われる生き方、雇われない生き方をしたいと思えば個人事業主となる生き方、経営者としての生き方。就業のカタチがさまざまであればそれだけ多くの課題が出てきます。個人、企業、社会の3者がそれぞれに理解し合い認め合って組織としての大きな成果を出せるよう、働くことの大きな資本である「健康」を健康管理で築いてまいります。

 

働く人が元気になれば会社の生産性が上がります。会社の生産性が上がればその町は活気に満ちた元気な町になるでしょう。働く人の元気づくりで町の活性化に寄与してまいります。

 

VISION

1 ここに来ると「元気がでる」場所の実現
2 地域で気軽に声をかけられる「健康専門職」

 

保健師と言う職業はあまり馴染みがないかもしれません。保健師は主に県や市町村などの行政機関、企業の健康管理室、介護予防現場などで働いていることが多いです。同じ看護職でも看護師ほどの気軽さがなくまたどのような仕事をしているのかもわかりにくいと思います。保健師は看護師の資格をベースに対象者を、取り巻く人々や生活している環境などあらゆる場面、あらゆる事柄から全人的に捉えます。

 

病気になったら医療機関に、介護が必要になったら介護保険で、働らく場所での産業保健、学校の保健室。保健師の活動の場は多岐に渡っています。保健師はあなたの町の予防活動の専門家です。私は大好きなこの町多治見に働く方のための保健室を作りました。学校の保健室をイメージしてみてください。ちょっと調子が悪いかな、ちょっと話を聞いてもらいたいな、そんな時にはどうかお気軽に声をかけてください。働くオトナの保健室は働く方が元気になれる場所です。

 

content

ジーアップクリエイトラボ 働くオトナの保健室は地域保健活動の経験のある産業保健を熟知した専門職による産業保健サービスを提供しています。大企業ではあたり前の産業保健活動を中小企業に展開してまいります。年に1回実施している健康診断の事後指導をはじめとした従業員の健康管理業務を中心としたサービス提供をおこなっています。

 

企業にとってメンタルヘルス対策は安定経営という視点においても重要な課題となっています。会社にとっての財産である従業員のメンタルヘルス支援を産業保健師ならではの個人カウンセリングと職場環境改善の2方向で対応しご支援を提供いたします。

 

法令に基づいた産業保健体制の構築、会社の健康経営の状況をアセスメントツールで可視化し実情に応じた健康施策支援をおこないます。社会的にも健康経営に取り組む企業は評価されてきています。健康経営コンサルティングにより経済産業省の健康経営銘柄の認定取得及び運用支援をおこなっています。

 

企業研修や講演もおこなっています。ご要望のテーマで対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

産業保健アークスソルトプラムは愛知県・岐阜県を活動エリアに、事業者・労働者の双方に対して、個人・集団・組織に向けた健康支援活動をおこなっています。

 

1 独自に開発したヒアリングシート「健康経営アセスメントNO1」を用い企業の健康課題を可視化します。効果測定をおこない健康経営のPDCAを回します。

 

2 健康経営優良法人認定取得のお手伝いをします。それぞれの会社の強みや課題から必要なサービスにおつなぎします。

 

3 年に1回必ず受けている健康診断。受けっぱなしになっていませんか。高知県総合健診財団の平井学先生が研究開発したパターンプロセス理論を用いたデータに基づいた健診結果説明をおこなっています。今自分の体に起こっている状況をお伝えすることで行動変容につながる保健指導を実施します。

 

4 健康を楽しく学び成果を感じるセミナーを実施しています。

フレッシャーズセルフケアコース

双方向型オンラインシステムを利用した8週間の新入社員研修プログラムです。事前学習ではオリジナル漫画動画を使用しチャットで交流していきます。集合研修はオンラインにも対応し参加者の行動変容を促します。

栄養三つ星レストラン

フードモデルを使用しバイキング形式で普段食べているものをトレイに載せ、食事バランスを楽しく瞬時に学べます。